青汁で健やかに

青汁に含まれる豊富な栄養素

青汁は豊富な栄養素を含み、普段の食事では不十分な成分を補い
栄養バランスを整えるのにオススメです。


ついつい忙しくて不規則な食事になってしまう方は、手軽に栄養を摂れる青汁が非常に役に立ちます。
もちろん美容やダイエット中の栄養補給としても、優れた栄養補助食品となります。


青汁にはビタミン類が豊富に含まれていることが知られています。
ビタミンAやビタミンC、ビタミンB群も摂ることが出来ます。

ビタミンAは肌荒れを改善する美肌成分ですし、
目の疲労を予防したり抗がん作用があることでも知られています。

ビタミンCも高い抗酸化作用で免疫力を高め、美肌やアンチエイジングにも欠かせない成分でもありますね。
ビタミンB群はエネルギーをつくり、肌の炎症も抑える働きがあります。
このようなビタミン類は熱で失われるものも多く不足しやすいのですが、青汁なら効率よく補うことが出来ます。

アンチエイジング効果についてはこちらを参考にしてください。
http://simplest-shop.com


また青汁はミネラル類も非常に豊富に含んでいます。
骨を丈夫にし、血圧やコレステロールを下げるカルシウムが含まれていることが第一に挙げられるでしょう。

また、カリウムは塩分の排出を促し、生活習慣病も予防してくれるミネラルです。

心臓病や高血圧を防ぎ、血中コレステロールの低下に役立つマグネシウムも含まれています。

女性に不足がちな鉄分や、男性にオススメの亜鉛が豊富に含まれたタイプもあります。


他にも十分な量の食物繊維が含まれていますし、原料によっては特有の健康成分が含まれているものもあります。

例えば「青汁の健康効果とは?」でも触れましたが、
明日葉に含まれるカルコンや桑の葉に含まれるDNJがその一例ですね。

また抹茶を原料とする青汁にはカテキンが豊富に含まれています。

これだけ栄養が豊富に含まれているのですから、青汁は経済的です。
http://babyitsyouonbroadway.com/keiza.html


ちなみに「気になる青汁の味」でも解説しましたが、
美味しくないものほど栄養成分が高いのか?という疑問もあるでしょう。

ケールの青汁は確かに飲みづらい反面、豊富な栄養素を含んでいます。
しかし飲みやすいタイプでも十分な栄養素を含んでいますし、飲む目的によっても異なってくるでしょう。

詳しくは「原料による青汁の違い」でも解説しましたので、ぜひお読みになってみて下さい。

おすすめはこちらです。
http://www.spamresearchcenter.com

なお、有名なやずやの青汁はこちらをご覧ください。
http://hoodscopesf.com/06yasai.html