青汁で健やかに

原料による青汁の違い

青汁に含まれる豊富な栄養素」でも書きましたが、
青汁は種類によって実は栄養素も大きく異なってきます。

例えば元祖として知られるケールを原料としたものは、ビタミンAやCが特に豊富に含まれています。
そのため、からだの免疫力をアップさせることが出来るので、
風邪をひきやすかったり疲れやすいといった方にオススメです。

ケールは飲みづらいイメージがありますが、最近は工夫されて飲みやすくなったものが登場しています。
ケールについてはこちらのサイトも参考になります。
http://www.talsheynmakeup.com


また最近多いのが大麦若葉を使用したタイプです。
大麦若葉はアクが少ないため非常に飲みやすく、その点で高い人気を誇っています。
ビタミンとミネラルだけでなく酵素もバランスよく含み、美味しいうえに十分な栄養素を摂ることが出来ます。
飲みやすい商品を探している方や、食生活で野菜が不足している人にオススメです。
大麦若葉の効果については、こちらを参考にしてください。
http://www.rotary-chula.org


桑の葉の青汁は高年層の健康維持にオススメです。
桑の葉はもともと生薬として利用されていたものなので、薬効の高い青汁になっています。
特にミネラルと食物繊維の含有量に優れ、今話題のフラボノイドやギャバを含みます。
血糖値を下げる働きがあるため、高血糖や生活習慣病の予防にも良いでしょう。


緑茶が原料のタイプも抹茶のような風味が人気となっています。
ケールを加えたものでも緑茶の風味により美味しく飲むことが出来ます。
ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷりと含まれている他、カテキンも豊富に摂ることが出来ます。
爽やかな飲み口なので若い女性にもオススメの青汁になっています。


そして明日葉で作られたタイプもあります。
明日葉には不老長寿の効果があるとして、古くから重宝されてきました。

青汁の王様と言えばケールのイメージが強いですが、実はケールよりも優れた栄養価を誇ります。
ビタミン・ミネラル・カロチン・食物繊維が豊富で、非常にオススメです。

他にもいろいろな種類の青汁があります。

ヨモギ青汁はこちらです。
http://www.italiamobile.net/yom.html


このように様々な種類がありますから、目的や好みによって選ばれると良いでしょう。
青汁を選ぶ際は「青汁のダイエット効果」 や「青汁の美容効果に注目」、 「青汁の健康効果とは?
なども、ぜひお読みになってみて下さい。

こちらにもいろいろなタイプが紹介されています。
http://www.catalunya-lliure.com/indexeng.html